10_QA_01

お客様からご質問の多い質問をまとめました。

「生命保険は若いうちに入ったほうが得」とよく言われていますが本当ですか?

若いうちは、まだ保険は不要ではないかと考えてしまう人も多いのですが、若いうちに保険に入ることで次のようなメリットがあります。

健康なうちに保険に加入できる

生命保険は、健康状態や既往症などの理由によっては加入できない場合があります。人は年齢が高くなるほど病気やケガのリスクが高くなります。いざ保険に加入しようと思ったときに、健康上の理由で加入できないなんてことにならないように、若くて健康なうちに必要な保障を確保しておきましょう。

保険料が安くなる

生命保険の保険料は、年齢によって変わってきます。これは、年齢が高いほど病気や死亡のリスクが高くなるからで、年齢が高いほど保険料は高くなります。ただし、保険料の判定基準となる「契約日」と「契約年齢の考え方は、保険会社によって違いがありますのでご注意ください。

掛け捨てタイプの保険と積立タイプの保険はどちらが得ですか?

どちらの商品が損であったり得であったりということはありません。掛け捨てタイプの保険と積立タイプの保険は、目的に応じて使い分けるのがベストです。双方のメリットを正しく理解して、上手に活用しましょう。

掛け捨て保険の活用法

掛け捨てタイプの保険のメリットは、安い保険料で必要な保障を確保できることです。なるべく安く保障を確保したいときに、掛け捨て保険を活用しましょう。

積立保険の活用法

積立型の保険のメリットは、長期間をかけて確実にお金が貯まることです。

医療保険とがん保険の違いは?そもそも両方必要ですか?

医療保険とがん保険は、それぞれ保障内容が異なります。できれば両方の保障を確保することをおすすめします。

医療保険の保障内容

医療保険は病気やけがで入院した場合、入院日数や手術に対して給付金が出る保険です。医療保険は、がんで入院や手術をした場合でも給付の対象となります。 しかし、がん治療には高額な治療費が必要となることや、通院が長期間となることがあり、医療保険だけではカバーしきれない場合があります。

がん保険の保障内容

がん保険はがんの保障のみに特化した保険です。がんの入院や手術に対する給付金以外にも、「診断一時金」などのまとまったお金や、「先進医療」「特定の通院治療」などに対する給付があり、がん治療に関して手厚い保障を確保できるようになっています。 ただし、がん保険は商品によって保障範囲が異なっていますので、加入の際にはよく確認をしましょう。

6-保険の選び方_05