保険契約の解約と解除の違いとは?

保険契約の解約と解除の違いとは?
解約とは、保険期間の途中、契約者の意思表示だけでいつでも保険契約を解除(消滅)させることです。
保険契約を解約すると、保険種類や加入年数に応じて解約返戻金があれば払い戻され、契約は消滅します。
保険契約の一部を解約することもできますが、主契約を解約した場合は、
その主契約に付けられた特約(オプション部分)も同時に消滅します。
解除とは、契約者が期限までに保険料を払わない、または契約者の通知義務違反があった場合等に、
保険会社の意思表示により保険契約を消滅させることです。
契約が解除されると、契約者は保険金や給付金を受けることはできなくなります。