自転車保険加入拡大策を検討、義務化も視野 国交省

自転車の利用者が加害者になった事故の損害賠償請求訴訟で高額の賠償判決が全国で相次いでいることから、国土交通省は自転車保険の加入拡大策を検討している。自治体の条例による加入義務化も視野に入れ、有識者検討会で議論する。自転車保険は任意加入の傷害・損害賠償保険。運転者にかける保険は主に保険会社が提供しており、年間掛け金は一般的に数千円~約1万円という。

自転車保険は任意加入の傷害・損害賠償保険。運転者にかける保険は主に保険会社が提供しており、年間掛け金は一般的に数千円~約1万円という。

最近は電動アシスト自転車の普及やスマートフォン使用の「ながら走行」で減速せず歩行者にぶつかるなどして重大事故になるケースもあり、自転車事故の賠償金が高額化している。