身近な事例2

相手方が無保険である場合は,無資力者である場合が多いと思われますので,

相手方本人からの損害賠償金を受け取ることは難しいのが実情です。

相手からの賠償をしてもらえないことに備え、

車両保険や人身傷害保険には加入しておきましょう。